Askプロデュースvol,21
~バッキャローシリーズ 第5弾~<世界遺産シリーズ>
「山のバッキャロー!!」~富岡製糸場~ <前編>

2018年9月5日(水)~9月10日(月)全9st予定
【タイムテーブル】
9月5日 (水)19:00
9月6日 (木)14:00/19:00
9月7日 (金)19:00
9月8日 (土)13:00/18:00
9月9日 (日)13:00/18:00
9月10日(月)14:00
※開場は開演の30分前になります。

【劇場】
シアターグリーンBIG TREE THEATER
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4 TEL:03-3983-0644
http://www.theater-green.com

【チケット料金】
前売り5700円 当日6200円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮下さい。

【チケット発売】
2018年7月14日(土)10:00~ 一斉発売開始
amipro/CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/amitike/
電話予約:0570-08-9999(10:00〜18:00※オペレーター対応)

Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/ask_yamabaka/
0120-240-540*通話料無料
(受付時間平日10:00~18:00※オペレーター対応)

○公演期間中の企画や、物販に関してもAskブログ、Askホームページで随時お伝えさせていただきます。
○Askホームページ:http://askcoltd.com
○公演に関するお問い合わせ:株式会社Ask
info@askcoltd.com

~お客さまへのご案内~(8/22追記)

<キャストへのお祝い花に関して>
本公演ではスタンド花・アレンジ花ともにお引き受け可能です。
ご配送される場合は直接劇場までお送りください。
【配送受取日】
2018年9月4日(火)13:00~17:00
【回収日】
2018年9月10日(月)14:30~15:30
※お申込みの際、必ず回収のお申し出をお願いいたします。
【配送先】
〒171-0022豊島区南池袋2-20-4 シアターグリーンBIG TREE THEATER ロビー気付
Askプロデュース「山のバッキャロー!!」 (出演者名)宛て
TEL03-3983-0644

<物販商品>
・キャストブロマイドA    2枚組 500円
・キャストブロマイドB    2枚組 500円
※キャストにより種類は異なります。
・バッキャローマスク(黒:白)2枚組 500円
・バッキャローラバーストラップ    500円
・バッキャローパーカー(限定数)   5,000円
・過去のバッキャローシリーズDVD   各種
・過去のAsk作品DVD         各種
・過去のAsk作品公演パンフレット    各種

<複数回ご観劇のお客さまへ感謝の気持ちを込めて>

・本公演3回ご観劇のお客様:お好きなキャストの非売品ブロマイドプレゼント

※初回観劇の際、受付にて必ずスタンプカードをお受け取り下さい。
※スタンプはご来場ごとに受付にて押印いたします。スタンプ押印は各該当回限りとなりますのでお忘れのないよう、お申し出ください。
※後日の捺印は、いかなる理由でもお受けできませんので、予めご注意ください。
またご新規以外スタンプカードの再発行も致しかねます。紛失には充分ご注意下さい。

・本公演6回ご観劇のお客様:『お好きなキャストと舞台上にて2ショットチェキ撮影プレゼント!』

※キャストへのボディタッチはご遠慮ください。
※撮影は公演終了後、主催で用意したチェキカメラにて行います。
※6回ご観劇のお客さまのみ対応です。スタッフがお声掛けいたしますので、公演終了後お席でお待ち下さい。
※毎公演、必ずスタンプカードの押印を受付にて行ってください。
後日の押印は出来ませんので、お忘れの無いようにお願いいたします。
※詳細は当日、該当のお客様へご説明いたします。

<富岡製糸場編:前編・後編 両公演観劇プレゼント>
・バッキャローシリーズ~富岡製糸場編~前編:後編(2019年1月下旬公演予定)を
 ご観劇頂いたお客さまへスペシャルなプレゼントをご用意!
※プレゼント内容は、後編上演時に発表いたします。
※富岡製糸場編 前編をご観劇の際、必ずスタンプカードをお受け取り下さい。
前編のスタンプカードは両公演観劇プレゼントの際必要となりますので、大切に保管して頂けます様お願いいたします。

<上演時間>
・本公演は2時間を予定しています。途中休憩はございません。

<キャストへのプレゼント>
・劇場ロビーにプレゼントボックスを設置いたします。必ずお客様のお名前を明記の上、お預け下さい。
 飲食物のプレゼントはお受けできませんので予めご了承下さい。

<入り待ち:出待ち>
・近隣の方のご迷惑になりますので入り待ち:出待ち行為はご遠慮いただけます様
 ご協力をお願いいたします。

・・・47都道府県を題材に演劇を創る・・・そんな言葉からスタートした「バッキャローシリーズ」。
2012年にスタートした『SEASON 1』では長野県、新潟県、愛媛県を舞台とし、沢山のお客さまに観劇を頂き、演劇関係者からも多くのご支持を頂きました。
2017年3月からは『SEASON2』世界遺産シリーズとして第1幕・第1章~端島・軍艦島編~「凪のバッキャロー!!」が開幕、7月に第2章「潮のバッキャロー!!」、12月にはシリーズ12本目となる第3章「月のバッキャロー!!」端島・軍艦島編最終章を上演し、「バッキャローシリーズ」が月日をかけ演劇界に定着してきました。
どんな時代も「人は一人では生きられない、誰かが居るから自分が居る・・・・」
人間模様を得意とする企画:古河 聰、脚本・演出:菅野臣太朗のコラボに是非ご期待ください!
6年目を迎えた「バッキャローシリーズ」次なる世界遺産は「富岡製糸場」!!

【物語】
昭和35年。
東宮薫は、群馬県富岡市へ向かっていた。
行き先は富岡製糸場。
明治政府が日本の近代化のために設立した模範器械製糸場。
創設期、繭から生糸を取る繰糸所では、全国から集まった工女たちが働き、本格的な器械製糸と高品質に重点を置いた生糸は海外で高く評価されていた。
薫の足取りは重かった。
1人で生きていく事を余儀なくされ、知人の紹介で薦められた工場勤め。
過酷な労働だけが要求されると思っていた。この先の人生に一片の光も無いと思っていた。
しかし、製糸場に着いた薫が目にしたのは、想像とは全く違った景色だった。
それは仕事だけでなく、そこには人の暮らしが芽吹いた生活空間があった。
そして薫は、1人の女性と運命的な出逢いをする。
彼女の名は黛光江。光江との出逢いにより、薫は女として、日本人としての喜びを知っていく。
なかなか描かれた事の無い、知られざる昭和の富岡製糸場の物語。
繭から取れる糸だけではなく、そこには目に見えない糸が人と人を繋いでいた。